BLOG ヨゴホームズブログ

ヨゴホームズブログblog

2017.10.27
サステナブル先進国デンマークに学ぶ -5

こんばんは、 余吾です。
このところ寒かったかと思うとまた暖かくなったりというお天気が続きます。
 皆さま、体調を崩されませんよう どうかお元気でお過ごし頂きますように ♡
 
 
さて、今年初夏に訪れた北欧デンマークで色々見聞きして自分なりに感じたことを
ヨゴホームズのサイト〈ヨーロッパビュー〉でまとめさせて頂きましたが、
より多くの方にご覧頂ければとの想いでこうしてブログで紹介させて頂いています。

今日はその最後の日、デンマークの厳しい法律や基準は 持続可能であるかどうかが
大きなカギとなっているモノづくりについて、
SKAGERAK や fredericia 社のショールームを訪問した時の画像と一緒に
レポートさせていただきました。

スケアラックのモノづくりだって

ここは市内中心にあるラウンドタワー近くに移転したばかりの
Fredericia  (フレデリーシア)コペンハーゲン ショールーム のエントランス、
美しい幅広のダグラスが敷き詰められたフロアーに 天窓から降りそそぐ自然光が
何ともここちよい、羨ましいほど素敵なペントハウスのショールームです。

デンマークはデザインをとてもとても大切にしている国、
デザイン性が良くシンプルでタイムレスなモノは、時代が変わろうとも
ずっと人々に愛され受け継がれていくことをみんな知っているからです。
それもやっぱり持続可能ということ、例え安く手に入れたとしてもすぐに飽きて
捨てられるものは、そうとは言えないですよね。
 

ヨゴホームズが長く代理店をさせて頂いている
デンマーク SKAGERAK(スケアラック)も もちろんデザインにこだわっています。

昔、知人のデンマーク人から聞いた話があります。デザインには全て意味があると。
そういう目でモノを見たり使っていると色々なことが見えてきて楽しいもの、
余計な部分を省いた本当にシンプルで使いやすいものは、機能美に溢れています。
そんなものをたくさん世に送り出しているスケアラックと長く関わり続けて
いられることを誇りに思いながら 日本の皆さまへ紹介させて頂いています。

上質な素材を使い、シンプルなミニマルデザインにこだわったモノづくり。

2階にも家具などがたくさん展示されています。
右に見える白いドアのお部屋はキッチン、 古い一戸建ての建物をショールームとして
使っていますが、毎年訪れる度に インテリアや展示が変わっていて、
見るだけでも目の保養になり勉強になる素敵な場所です。

ずい分前から SKAGERAK カタログの中に FSC という文字がたくさん
出てきていることにお気づきでしょうか。
ご存知の方も多いと思いますが、ネットで調べまして少しわかりやすく
まとめさせて頂きましたので、ご興味があれば是非ご覧ください。

そのFSCという認証制度もまさしく持続可能に向けての世界的な取り組みのひとつ、
デンマークはいち早く国を挙げて取り組んでいます。
ヨゴホームズが取り扱わせて頂いている木製サッシやドア、キッチン、家具など、
多くのメーカーがFSC認定を受けたモノづくりをしています。

ヨゴホームズではそれらをお手本に 持続可能な家づくりを目標に掲げ、
流行りやアイデアいっぱいの設計を避け、飽きのこないタイムレスデザインを
心がけています。その上で自然素材をできるだけ多く使用しながら
住宅の基本性能を上げ、快適でお手入れのしやすい長い目で考えて経済的な
長寿命住宅を提案させて頂いています。

今回のテーマは SUSTAINABLE (サステナブル)、持続可能な社会にしていく為に
ひとりひとりがどう生きていけばよいのか、将来に向けて私たちに何ができるのか・・・、
そのヒントを探るためその先進国でもあるデンマークを訪れた私ですが、
様々な方から色々お話をお聞きしたりしていく内に、実はそれは考え方が逆だと
いうことに気づきました。

ひとりひとりが自分らしくここちよく安心して幸せに暮らしていくためには、
どうしても持続可能な社会、日本、世界でなければいけないのだな・・・と。
心豊かなデンマーク流ヒュッゲな暮らしを続けて行って頂くための
大切なお住まいをこれからも精一杯お手伝いさせて頂きたいと
心に誓って戻って参りました。

CATEGORY : デンマーク情報COMMENTS : (0)TRACKBACKS : (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

NAVIGATION