BLOG ヨゴホームズブログ

ヨゴホームズブログblog

2018.2.1
雪景色の中にあっても安定した上質な室内環境

こんにちは、 余吾です。
このところ寒い日がずっと続いていますが如何お過ごしでしょうか。

めずらしくここ松山でも今朝は辺り一面雪景色の朝を迎えました。
この冬初めての積雪、ちょっと嬉しい気もします。。(笑)

さて、これは白水台モデルハウスのリビングからガラス越しに見た外の景色、
うっすらと芝の上に雪が積もり、実は今もちらちら降り続いています。
松山の中でも山の方にある白水台は松山中心地よりもいつも2~3℃気温が低いの
ですが、 スタッフ井村によると今朝平地は雪も積もっていなかったのだとか。。

今の外気温は4℃ちょっと、(午前11時くらい現在)

毎日このカエルちゃんが外の温度を教えてくれます。
これがないと家中どこに居ても快適なあたたかさをキープしている家では、
外がどれくらい寒いかが全くわかりません。
なので、デンマークのお家には必ず外の温度を知るための
こういう温度計がどのお宅にも取り付けられているんですよ! 
もちろん我が家でも27年前の建築当初から使ってます。

この窓はダイニングの北側にあり、家中で一番厳しい場所ということになります。
この場所にカエルちゃんの外気温と、ガラスの内側に丸い温度計を取り付けていて
ガラスの断熱効果を数値で確認しています。

外が4℃で雪が降っていても、ガラスの内側の温度は快適な21℃、
高断熱ガラスの威力をおわかり頂けたのではないでしょうか。
そして、建物の中心の壁に掛けている温・湿度計を見ると、ここでも21℃でした。

ということは・・・、
部屋の北側の窓の内側と部屋の中心の壁の温度は全く同じということ、
窓ガラスで結露することがないということがおわかり頂けたのではないでしょうか。
もちろん、サッシの枠もしっかりした木製ですので枠でも結露はありません。

結露のない家は建物が腐ったり虫がついたりしにくく長持ちします。
そればかりかカビやダニなどから人やペットを守り、
一年を通して快適な住空間をキープしてくれるのは嬉しいですよね。

実はそれだけではないんです。
ヒートショックという言葉をご存知でしょうか。
高齢者の方が寒い日にお風呂場やトイレで倒れてしまわれるということを
この季節よく耳にしますが、一般的な局所暖房だといつもいる部屋は
色々暖房して暖かくできますが、一歩廊下に出たりお風呂やトイレにいくと
もう信じられない程寒いということでこの温度差が身体に大変悪い影響を
与えてしまうということは既に医学的にも立証済みです。

そればかりは夏には家の中で熱中症でお亡くなりになる方も多くいて、
住宅の性能が人の健康に大きく関係することは数年前から研究が進んでします。
あるデータによると日本では交通事故で亡くなる人数よりも
家の中で亡くなる人数の方が多いということ、本当に信じられないことです。

ヨゴホームズモデルハウスでは、現在朝2時間半と夜1時間暖房しています。
なので、今の時間帯は暖房は点けていません。
それでも、壁や開口部の気密・断熱性が良いのでこのように室温が安定して
一日中快適な住空間をつくりだしてくれているんです。
もちろんバスルームもトイレも暖房しています。(洗い場は床暖房)

実は、こういう寒い季節に住宅の性能がよくおわかり頂けると思います。
どこも気密・断熱性が良いとうたっていますが体感的にご納得できるかが重要、
そして、いくら快適であってもどんどんエネルギーを使わなければ
ならないのであれば、もったいなくて段々使えなくなってしまいますよね。
ランニングコストは驚くほど安く、それでも家中どこにいても快適温度であれば
冬でも身軽になり大好きな季節になること間違いありません。

是非、この季節に一度白水台モデルハウスへ遊びにいらっしゃいませんか。
美味しいデンマーク紅茶などをご用意してお待ちしています。
週末にお越し頂ける方はご一報頂けると助かります。(定休日:水曜)

CATEGORY : 未分類COMMENTS : (0)TRACKBACKS : (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

NAVIGATION