BLOG ヨゴホームズブログ

ヨゴホームズブログblog

2019年5月

2019.5.31
暮らしに根づいたヒュッゲを心から満喫

こんにちは、 余吾です。
コペンハーゲンはあの青空から一転とうとう雨が降り出しましたが、また週末から来週にかけては晴れてくれるようです。

でも、雨などおかまいなしで今日も素晴らしい出会いと、暮らしの中に根づいたヒュッゲを心から感じることができた一日を過ごすことができました。

DFHの仲間とともにまず訪れたのは、素敵な女性が住むお住まい。
彼女は24歳、建築士として週42時間仕事をしています。会社へは自転車で15分かけて通勤しているそうです。

5年前にコペンハーゲンにある古いマンションを購入しリノベーションして美しい日々の暮らしをエンジョイしています。現在は女友達と二人暮らし、維持費(住宅ローンなど)の半分を家賃としてもらい仲良く楽しい共同生活をしているところへおじゃまさせて頂きました。

さすが建築士だけあり半端なく素晴らしいセンスを持ち、壁の色などもご自分で調合されたほどのこだわりでリノベーションを行いました。
できることは自分でも施工しほとんどは専門業者に依頼したとのこと、購入時にはなかったキッチン、バスルームをつくり、壁・天井を漆喰塗りで仕上げました。

一番大切に思っている部屋は一日を静かに終えそして始めることができる寝室、サイドテーブルには花を欠かさないそうです。

部屋づくりで最も大切なことは窓から入る光、リビングは2面に窓があり長い時間自然光が入ります。部屋は構成するモノだけでなく空間としてとらえていて、シンプルながらも家族や友人、旅先での思い出が詰まったヒュッゲであふれています。

日本にも2度訪れたことがあり、折り紙や扇子、うちわなどがセンス良く飾られていました。イギリスでも建築を学び、若い頃から旅にもよく出かけている彼女、デンマーク内外での様々な経験を通してより人生を豊かに積み重ねている様子が見てとれ、今後の人生がどれだけ素晴らしい可能性を持っているか想像しただけでなんだか私も嬉しくなりました。

何事に関してもしっかりとした自分の考えを持ちそして伝えることができ、また他者の意見にも心から耳を傾け知りたいと思う好奇心に溢れている。これまでデンマークで出会った人々全員から共通して感じることです。子供の頃から家庭や教育、社会を通してこの素晴らしい人間性や価値観が育まれるデンマークの魅力を毎回痛感し、我を振り返り反省と刺激を感じずにはいられない気持ちでいっぱいになります。

 

さて、次に訪問させていただいたのはコペンハーゲン中心から車で北へ10分ほどの閑静な住宅地にあるこれまた素晴らしいお宅。
私好みのデンマーク家具や調度品でしつらえられた美しいお住いと本当に素晴らしい広い裏庭を眺めながらの暮らしに終始ため息の連続でした。

お手入れが行き届いたお庭はどこを切り取っても美しく、ご家族の愛情が注がれていることがわかります。またそのセンスのいいこと!

私と同年代のご夫婦とお二人の息子さん、そして可愛いお孫さん(5歳)が最高のおもてなしで迎えて下さいました。

建築関係のコンサルティング会社を経営するご主人とこども歯科でパートで働く奥さま、ご長男は建築業界で電気エンジニア(主にライティング)として働いていて、今日か明日にはふたりめのお子さんが生まれるというかっこいいお父さん、次男さんは大学で環境と経済を学んでいて現在卒業論文に取り組んでいます。
そんなとっても素敵なご家族がお忙しい中私たちにヒュッゲなじかんを過ごさせて下さいました。

ご主人がみんな大好きなフレスケスタイ(デンマークのクリスマス伝統料理・通称豚のカリカリ)を作っていて下さり、ご家族と一緒にサンドイッチで頂きながら楽しい話に花を咲かせ、これがヒュッゲという感覚だと心の根っこで感じることができました。

私もこんな風に人をもてなし幸せな気持ちにしてあげられる人間になりたいと今更ながら心の底から感じた瞬間でもありました。ヘンリックさんをはじめご家族の皆さん、心よりありがとうございます。

 

そして、最後に伺ったのは車で北へ25分ほど走ったところにある閑静な住宅地にあるお宅。1957年に建てられた118㎡の住宅を増築し、現在は166㎡(ロフト収納含む)2階建てのお住いです。

飾り気のないとても素敵なご夫妻はやはり私と同年代。お子さんは皆さん巣立たれ仲良く現在は二人暮らしをしています。

建築関係の仕事をされているご主人がこの家を購入された頃の写真や増築・リノベーションした時の写真を見せてくれながら説明をして下さいました。

 

エントランスを入るとこんな素敵な空間、ベンチの上には美しい絵画のような窓がありこの右側にはクローゼットがあります。

 

エントランスホールを入るといきなりキッチン、これも素敵で毎日暮らしやすそうです。
アイランドキッチンには美味しそうなお料理やスナック、果物が美しく用意されていました。

キッチンの窓から見えるお庭や、道路の向かい側のお住い。この距離感が日本ではなかなかできない贅沢な空間です。

美しくお手入れされたお庭もとても素敵で勉強になることがいっぱい、今後の家づくりに生かせて行きたいとメモや写真を撮りためてしまいました。

美しく整えられたキッチン、私もいつもこうでありたいと反省しきり。。

壁には30㎝の断熱が入れられ木製サッシはトリプルガラス入り、1階は床暖房を施してあるとのこと、寒い冬も快適に暮らせるデンマークスタンダートな高性能&持続可能住宅です。

半地下にある奥さまの趣味のお部屋を見せて頂きました。ここから裏庭にも出られ窓からも緑が入り半地下の落ち着きと開放感が同居する素晴らしい空間です。

IT企業で働く忙しい日々を上手に息抜きすることが鍵とおっしゃる奥さまの趣味はパッチワークキルト、手編み、洋服作り等など。若い頃に私もパッチワークをしていたこともあって話が盛り上がりたくさんの作品を見せて頂きました。

 

増築時に設けた地下室のワインセラーにはご主人が大好きなワイン400本以上が保存され、その美味しいオーガニックワインをご馳走して頂きながら長い間ヒュッゲなじかんを過ごさせて頂きました。

奥さまお手製のトマトペーストはレシピを教えていただいたので是非日本で作ってみたいと思っています。クラッカーにつけて食べると最高に美味しくワインとの相性もバッチリでした!

盛りだくさんな至福の長い一日を終え、私たちが向かう先がまた少しクリアに見えた気がします。日本でデンマーク住宅を提案している私たちにしかできないこと、家づくりを通してより心豊かな暮らしをお伝えしていく責任、そして何より人として社会と関わりながら自分らしく幸せに行きていくすべについてもっと真剣に向き合い、ここを目指して揺らぐことなく進んで行きたいと痛感しました。

お忙しい中こんな素晴らしい経験を授けて下さった皆さま、心よりありがとうございます。

CATEGORY : デンマーク情報COMMENTS : (0)TRACKBACKS : (0)

2019.5.30
持続可能な家づくりの鍵は 木にある?

こんにちは、余吾です。
ここコペンハーゲンに着いて2日目、とてもいいお天気に恵まれ DFH(デンマーク ファミリー ハウス)グループのメンバーとも無事に合流できました。今回はこれまで最多の6社が参加してのツアーとなりとても賑やかです。

コペンハーゲンでまず訪れたのは 持続可能な家づくりのコンサルタント会社 HOFMS GAARD 、

美しく整えられたモダンなオフィスは古い建物をリノベーションして使用されています。実はこういうことはデンマークではごくごく一般的で、これまでたくさん訪れた会社のほとんどはそうでした。

古い建物を壊すのではなくリノベーションして新たな命を吹きこみ使い続ける、しかもとっても素敵に、快適に・・・。これは日本も絶対に見習わなければならないといつも思うことですが、その為には長持ちをする建物をつくらなければいけない。
あらら・・・、最初からちょっと脱線してしまいました。(笑)

もとい、

ここでは約30人のスタッフが働いています。社長直々にオフィスを案内して下さり、現在取り組んでいるプロジェクトやデンマークが考える最新の持続可能な建築について色々貴重なお話を伺うことができました。
しかも、こんなに素敵なおもてなしが用意されていましたよ。感激!

さて、ここ数年デンマークに来る度、色々なミュージアムなどに行くと木造建築についての展示がされていたことはこれまでのレポート(ヨーロッパビュー)でも紹介させて頂きましたが、いよいよ本格的にスタートし始めたようです。

まずは何故 木材なのか・・・、

木は『 伐採したら植える 』、というサイクルを続けていくことで成長に必要な二酸化炭素を地球上から削減してくれることからも優れた持続可能な素材であることは誰もが知るとことですが、建築的に見た場合も工期の短縮(経費削減)やつくりやすさ、フレキシブルなプランニングなど、大きな可能性を秘めています。

国連のグローバル目標(持続可能な開発目標 SDGS)の中でも、『 住み続けられるまちづくりを 』という項目がありますが、建築に木材を使うことが大変有効だと考えられています。

全ての人々が快適な暮らしができる街づくりを目指して、UR(都市再生機構)と自治(県)が新しいカタチの賃貸住宅を考えるコンペティションが行われ、HOFMS GAARD と他4社で結成されたチームが見事優勝を果たしました。

その賃貸住宅(日本でいう県営住宅のようなもの)は郊外にある未開拓の土地にデンマークが考えるところのローコスト住宅を建築し、低所得者向けの賃貸住宅を建設するというものです。
昔から畑として使われてきた土地を住宅地として県が許可し、道路や自転車道、学校、商店などを整備しながら新しいコミュニティーをつくっていく、戦後の復興と成長を目的とした都市開発計画 デンマークのフィンガープランは今も尚確実に進んでいるのです。

私たちはこのミーティングの後コペンハーゲンから西へ車で40分ほどのところにある Roskilde(ロスキレ)郊外のその建築現場に案内して頂くことになりました。


構造は木造で CLT( Cross Laminated Timber )を採用しています。
ローコストと言ってもそこはデンマーク、基礎には40㎝のスタイロフォーム、壁には構造の外に29㎝のロックウールを外張り断熱しています。『 何よりも断熱が大切 』、このワードはデンマークでいつも誰もから聞くワードですが、もちろん今日も社長がまず最初に発した言葉でした。

私たちも現場に入らせて頂き、様々な貴重なお話を聞くことができました。
構造(CLT)丸出しの壁や天井はホワイトオイルで仕上げいかにもデンマークらしく、内部は壁の仕切りが全くなく入居者が希望する場所に壁を作るのだそうです。そして出る時にはまた外せるよう色々アイデアを出し合い工事が進められていました。

住宅の規模は115㎡以下、価格は年間に DKK 1100 / ㎡ と決められているそうです。ざっと計算しても愛媛在住の私から見ると決して安くはないように感じますが、物価の高いデンマークではこれでも安いと考えれらているのですね。

構造から化粧に至るまで木材が使われ、木製サッシ(アルミクラッド)、亜鉛メッキの樋が取り付けられていました。

デンマークでは 環境・経済・社会 面から見て全てを満たす天然素材である『 木 』が見直され、新たな可能性を求めて動き始めています。
国土の3/4が山林である日本の大きな問題ともなっている林業の今後に、このデンマークの取り組みが何か参考になるのかも知れないなあと感じながら見学させて頂きました。

CATEGORY : デンマーク情報COMMENTS : (0)TRACKBACKS : (0)

2019.5.27
デンマークレンガの家 完成見学会

こんにちは、香川です。

日中は真夏のような暑さが続いておりますが、皆さま熱中症にはお気をつけください。
僕も外での作業時はこまめに水分補給をするようにしています。塩飴もそろそろ買っておこうかと思います!

さて、先週末ですがT様邸の完成見学会をさせていただきました。
お天気が良すぎるくらいで日中は大変暑かったのですが、たくさんの方が見学会に足を運んでくださいました。

 

建物の外観だけを見ればデンマークにいるような錯覚に陥ってしまうくらい素晴らしい
デンマーク住宅が完成しました。

 
外壁のブラケット照明もレンガの色に合わせ黒をお選びいただきました。
レンガとの相性が最高ですね!


サッシはメンテナンスフリーのアルミクラッド(木製サッシの外側をアルミで被覆したサッシ)
になっており、レンガ・瓦共にメンテナンスの必要がない仕様になっております。
レンガが今後どのような味わい深い色に変わっていくのか楽しみです。


キッチンもヨゴホームズで初めて使わせていただくユニットをお選びいただきました。
キッチンの取り付けは僕も手伝わせてもらったのですが、完成した時はいままでに
ない風合いのキッチンができあがりとても感動しました。

リビングにはインサート式の薪ストーブをお選びいただいております。
見学会に来られた方々が大絶賛されていました!


リビングはくつろげる落ち着いた空間に仕上がっています。


今回T様が快く見学会をさせてくださったおかげでたくさんの方々にレンガの家を
見ていただくことができました。打ち合わせから完成まで長い時間かかりましたが、
無事完成の日をむかえることができ感慨深いものがあります。

ヨゴホームズをお選びいただき、レンガの家を建てさせていただく機会をくださった
T様には本当に感謝しております。

ありがとうございました。

 

 

CATEGORY : 完成見学会COMMENTS : (0)TRACKBACKS : (0)
page 1 of 11