ヨーロッパを旅して

ヨーロッパを旅して

北欧3カ国を旅して2006.10

住宅めぐり編
北欧3カ国の住宅です。太陽が低く光と影のコントラストに悩まされながらも、足を棒にして一日中カメラ片手に歩き回りました。
デンマーク・コペンハーゲン近郊の住宅

デンマーク コペンハーゲン近郊の住宅

デンマークの住宅はこれまでたくさん見て歩きましたが、今回はコペンハーゲンから電車で30分くらい離れたところにあるルイジアナ美術館やオードラップゴー美術館の周辺で撮影した住宅をまとめてみました。田舎の方へ行くととてもかわいい住宅をたくさん見ることができます。

全写真を見る

フィンランド・ヘルシンキの住宅

フィンランド ヘルシンキの住宅

フィンランドは初めて、その上たった3日間の滞在でしたので、アルヴァ・アアルトの建物だけは見ておこうと自邸を訪ねました。あいにく中を見ることはできませんでしたが、その周辺にある住宅地を見て歩きました。落ち葉が舞い散る雨の中、もう季節は晩秋を迎えようとしています。

全写真を見る

スウェーデン・マルメの住宅

スウェーデン マルメの住宅

昨年冬にマルメを訪れた時には中央駅の近くを散策しクリスマス色の住宅を撮影しました。今回は少し足を延ばして海の近くの住宅地を見て歩きました。以前ストックホルムへ行った時に見たあのカラフルなイメージはなく板張りの住宅もあまり見かけません。デンマークに近いせいでしょうか。

全写真を見る

美しい自然・かわいい動物や子供たちの写真を少し・・・ (お・ま・け)

美しい自然、かわいい動物や子供たちの写真を少し…(お・ま・け)

この旅で出会った美しい自然やかわいい動物や子供たち、どこへ行ってもその素晴らしさに変わりがありません。一人旅をしていると余計にそういう出会いが嬉しいものです。子供や動物達の表情は純粋で私の心までクリアーにしてくれます。

全写真を見る

PP工房見学編
PPモブラーの家具工房を見学させて頂きました。尊敬するソーレン・ピーターセン社長との再会、本当に夢のようなひとときでした。
PP工房見学編

今回の旅の目的の中で一番楽しみにしていたのはPPモブラーの工房を見学させて頂くことでした。今年2月に社長のピーターセン氏にお会いして以来、そのお人柄と仕事に対す考え方に強くひかれ大ファンになりました。私にとっては20年程前に購入したソーイングデスクが唯一のPP家具ですが、できればこれから少しずつそろえて行きたいと思っております。170歳のオークの木を切り刻ませて頂くわけだから170年以上もつ家具をつくることが私達に課せられた使命だと社長は…(more

全写真を見る

古民家編
住宅メーカーのモデルハウスへ行く途中偶然見つけた古民家の集落、300年以上も昔からこの地で人々に安らぎを与え守ってきました。
古民家編

デンマークでは日曜日の午後しかオープンしていないモデルハウスがほとんど、昼前に駅へ着いてしまった私はその辺をブラブラ歩いている内にとっても素敵な集落を見つけてしまいました。フットボールの試合を見に行く途中だという男性に声をかけると、この辺りは大変古くから農家が点在しているらしくその方もやはりこういう住宅に住んでいらっしゃるのだとか。又外壁に1747と数字が書かれた家を見つけ、外でお掃除をしていたご婦人にこの数字について聞いてみたところ…(more

全写真を見る

ショールーム編
コペンハーゲン市内にあるフレデリーシアのショールームとパウスチャン、北欧モダンな家具は日本の住まいにもしっくり馴染みます。
ショールーム編

今回色々見て回ったショールームの中から、フレデリーシアとパウスチャンをご紹介させて頂きます。日本でも大人気のフレデリーシアはクラシックなデザインから若手デザインのものまで幅広く展示されています。クラシックな家具は2階の方ですので行かれた際には是非上がってみて下さい。現在は日本人の女性スタッフが丁寧に説明をして下さいます。我家は主にフレデリーシアの家具を永く愛用していますが、飽きがこないばかりか、少しずつ段々と馴染んできて味わい深く…(more

全写真を見る

「ヨーロッパの風景」一覧へ戻る

ページ上部へ