EUROPE VIEW ヨーロッパの風景

ヨーロッパの風景europe view

感性をよび覚ましヒュッゲを再発見する旅 at Copenhagen & Lyon 2018.9

美味しいフレンチなじかん in Lyonイメージ1 美味しいフレンチなじかん in Lyonイメージ2 美味しいフレンチなじかん in Lyonイメージ3
美味しいフレンチなじかん in Lyon

はじめて訪れた歴史の街リヨンでは旧市街にあるホテルに滞在しまるで時間が止まったかのような石造りの街を堪能しました。寒かったコペンハーゲンから真夏のリヨンに移動し、お天気にも恵まれた週末ということもあり大勢の観光客で賑わう街中を縫うようにレストランやパン屋さん巡りをして過ごしました。
デンマークとは全く異なる文化を持つリヨン、街並みも建築もインテリアも料理も人々の表情も違っていて、ここ数年北欧オンリーの私にはとても刺激的でちょっぴり心地よく感じられたのでした。

フランス好きの友人からリヨンには美味しいものがいっぱいと聞き楽しみにして来ましたが、期待通り美味しいものにたくさん出会えました。きちんとしたフランス料理はもちろんのこと、パンやチーズといった食材のひとつひとつがあまりに美味しすぎてついつい食べ過ぎてしまいます。そしてワインは言うまでもありませんね。
コペンハーゲンでもそうですが、ここでもほとんどのレストランにはテラス席があり大人気、それが美しい景色となってより食欲をそそります。店内は石造りの構造がむき出しになっていることも多く重厚で素敵な空間にうっとりしながらほろ酔い気分で夢ごこち、今思うと本当に夢のような数日間でした。

1日は思い切ってホテルでランチを頂きました。気配りの行き届いた上等のサービスと美味しいお料理にもう身も心も大満足、周りを見渡すと紳士・淑女がきちんとした装いで食事を楽しんでいます。ちょっと場違いな感じもしなくはありませんでしたが(というより完全に場違いでした)、旅の恥はかき捨てとしばし優雅なランチを楽しみました。実はこのホテル、朝食も最高に美味しくて朝から幸せな気分にしてもらえます。またいつかきっと泊まりたい COUR DES LOGES (クール デ ロージュ)です。

毎日美味しいものを食べていただけではありません。ちゃんと仕事も忘れてはいませんよ。街中には数多くのパン屋さんがありネットで探しておいて毎日片っ端から訪ねて歩きました。おなか一杯にもかかわらず我慢できずに買ってしまったりしながら、一番多く歩いた日は30000歩を超えていました。偶然見つけたマルシェで美味しそうなチーズ屋さんを見つけてたくさん買いましたが、後からホテルの人に聞くとリヨンで一番美味しいチーズ屋さんだとか・・・、こういうの何故だか鼻が利くの不思議でしょ。(笑)
ここでのじかんがこれからの仕事に何かしらスパイスを添えてくれるのではないかと自分自身期待しています。

PHOTO GALLERY

  • 美味しいフレンチなじかん in Lyonサブイメージ1
  • 美味しいフレンチなじかん in Lyonサブイメージ2
  • 美味しいフレンチなじかん in Lyonサブイメージ3
  • 美味しいフレンチなじかん in Lyonサブイメージ4
ヨーロッパの風景一覧に戻る
NAVIGATION