インテリア

エクステリア

外壁の仕上げ

外壁の仕上げ

ヨーロッパには古くから白壁に素焼き瓦の家並みや集落がたくさんあります。又日本にも古くから漆喰と呼ばれる素晴らしい壁材料があることはご存知の通りです。そして私自身も幼い頃、白い壁に大きい窓とドアそして茶色い三角屋根の家をバックに家族の姿を描いた事を思い出します。

ヨゴホームズではそれぞれのお施主さまに外壁の素材や工法、色などをお選び頂いておりますが、ほとんどの方が最終的にこの白い壁をお選び頂くことが多いのは何か永遠の憧れのようなものがあるからかも知れません。

写真ではわかりにくいと思いますが外壁の仕上げには色々な素材や工法がございます。

現在ヨゴホームズでは標準仕様としてスタッコ吹き付け(厚吹き)とソフトリシン吹き付けの何れかをお選び頂いていますが、それ以外にもジョリパット吹き付けや左官塗り、珪藻土や大理石を主原料とした素材の左官塗りなどがあります。又、色や塗り方につきましてはご希望に応じてその都度サンプルを作成しご覧頂いた上でお選び頂いています。

外壁の仕上げ

外壁の下地は、まず構造用合板の上に防水フェルト紙を貼りその上にラス網と呼ばれる金網を2回どおり向きを変えて打ち付けます。1回でない理由はその上に乗せるモルタルのくい付きを良くする為とクラック(ひび割れ)防止の役割があります。モルタルはできるだけクラックを抑える為にベースモルタルを使用しています。

尚、構造は枠組み壁工法(2X6)を標準としていますので耐震性に優れており、省令準耐火構造なので燃えにくく火災保険が木造(在来工法)に比べて低い掛け金で入ることができるのも魅力です。

又バスルームをタイル貼りにされる場合、その部分については鉄筋コンクリート造とさせて頂きますが、外部に断熱材を打ち込むことで家全体の断熱性能を一定に保つようにしています。

その他の画像

外壁の仕上げのページへ

ページ上部へ