interior こだわりのインテリア

03灯りを楽しみましょうlighting

様々なシーンを灯りがよりヒュッゲに。
その昔日本では蝋燭や提灯の時代がありました。今は何でも手に入り便利な世の中になりましたが、もしかすると心はその頃の方が豊かだったかも知れません。揺れる蝋燭の灯りで食事をするなんてちょっとロマンティックですよね。
 
私たちは今の時代だからこそもっと灯りを楽しむ余裕を持ちたいと思います。ただ明るくする為だけの照明ではなく様々なシーンに合った灯りを楽しめたらどんなに素敵でしょう。そんなライティングプランをご提案させて頂きます。
 
例えば、玄関付近には外が薄暗くなってきたら自然にぼんやりと灯りが燈るよう配慮し、リビング・ダイニングや寝室などはコントローラーで明るさを調整できるようにします。又部屋全体をまんべんなく明るくするのではなく部分的に必要なところに必要な照明を設置し様々な用途に合った組み合わせで表情を変えられるようプランをさせて頂きます。
 
玄関ホール、バスルーム、子供室、クローゼット、階段室などにはそれぞれに合った灯りの目的があります。ダイニングひとつを考えてみてもご家族で食事をする時の灯りとゆっくりお酒を頂くような大人のシーンでは違っていてほしいはずです。そういう目的に合った心づかいのある灯りはきっと心を豊かにしてくれることでしょう。
 
夜おそく仕事を終え疲れて家に帰ってきた時、温かく優しい灯りがこぼれる我が家が見えたら一瞬にして疲れも忘れてしまいます。そんな安らぎの家づくりに照明はとても重要な役割を持っているのです。
 
私たちはこれまでの経験や北欧などから学んだ様々な照明スタイルの中から皆さまの生活をより豊かに演出してくれる灯りをお届けしたいと思っています。 デンマークのルイス・ポールセンやレ・クリントをはじめ、日本、ドイツ、イタリーなどの優れた照明器具をご用意しプロの立場からアドバイスをさせて頂きます。
灯りイメージ1
PHOTO GALLERY
灯りイメージ2
NAVIGATION