RENOVATION ヨゴホームズの北欧スタイル・リノベーション

北欧スタイル・リノベーションrenovation

古い建物を改修し大切に使い続けることは
何よりのエコだと考えます。
日本では人口の減少に伴い空き家が増え続けていることが大きな社会問題となっています。できればそれらをもう一度再利用できればと誰しもが思うところです。ヨゴホームズは新築住宅をメインに家づくりをお手伝いさせて頂いていますが、戸建住宅やマンションのリノベーション、そしてヨゴホームズならではの既存建物の断熱改修工事にも力を入れたいと考えています。
 
一言でリノベーションと言いましても、キッチンやシステムバスの交換ということもあれば間仕切り壁を撤去して広いお部屋にされる場合や、スケルトンまで解体して間取りや断熱、セントラルヒーティング等全て造りなおす場合、また使用しながら外部からの断熱改修を行うなど様々ですが、何れにしましてもそこに住まわれる方のライフスタイルに合わせて古い建物を再生するということは、あるものを大切に使い続けることすなわち何よりのエコではないかと思います。
 
デンマークでは200年以上も前に建てられた多くの住宅が今も尚美しくリノベーションされ誰かに住み継がれていますが、いくら中古住宅であっても性能面で現在の建築基準法に合わなければ売買ができないという大変厳しい規制がとられています。国を挙げてCO2削減に向けて真剣に取り組んでいるのです。これからは日本もそういった法律が必要だと思いますが、ヨゴホームズでは皆さまのご希望に沿った上でできれば住宅の性能面まで改修させて頂きたいと考えずにはいられません。また欧米のようにしっかり手入れしリノベーションを繰り返しながら資産的に目減りしない上質な家づくりをしていかなくてはならない時期に来ていると確信しています。
古い建物を改修し大切に使い続けることは何よりのエコだと考えます。
F邸マンション リノベーション工事
幼い頃から上質な北欧住宅で暮らしその感覚が体に浸み込んでいるFさまにとって、このプロジェクトは最初から北欧スタイルのマンションリノベーションというはっきりしたコンセプトを持たれていました。ご夫妻は築22年経った中古マンションを購入されスケルトンにすることからのリノベーションをご依頼下さいました。
 
20数年前ご実家の設計をさせて頂いた当時まだ小学校に入ったばかりのFさまがご実家で使われていた愛着のあるデンマーク家具やライト等、またご夫妻の大切な調度品が映える美しい住まい、そして何より快適な住空間の為に床暖房は絶対条件でした。部屋数を減らしできるだけ広々感が味わえるよう、また見晴らしの良いロケーションを生かすべく開放感のあるプランとしました。壁・天井はドイツ製壁紙を張り水性塗料で、床は床下の防音工事をした上に磁器タイルで仕上げました。室内ドアはスウェーデン製のシンプルなホワイトドア、スライドドアはデンマークから輸入させて頂いたものと造作建具、キッチンはデンマーク・ソネボー社のもの、バスルームはハーフユニットでタイル張り、ライティングや設備、収納やカーテン、リビングバルコニーのデッキ工事等、全てトータルでご提案させて頂きました。
 
オープンキッチン(アイランド)を中心にリビング・ダイニングへと広がる32.5帖のLDKから続く広いウッドデッキ、そしてその向こうには緑豊かな山々、戸建てでは味わえないこのドラマティックな住まいを手に入れられ、Fさまからは想像以上に満足していますとこれ以上ない嬉しいお言葉を頂戴しました。シンプルモダンな北欧らしさが感じられる白を基調としたインテリアにお手持ちの家具やライトはしっくり馴染み、ずっとここに暮らされていたかのような落着きを感じました。どうか一年を通して快適で美しいエコライフをお楽しみ下さい。
F邸マンション リノベーション工事
before 1
before 1

見晴らしと広々感が魅力の本物件を見せていただいた瞬間から、バルコニー越しの山々に四季を感じながらの心豊かな暮らしがはっきりイメージできました。

after 1
after 1

スケルトンにすると強靭なが姿を現しました。水廻りの位置は大きく変えず上質感と北欧スタイルにこだわった快適家づくりプロジェクトがスタート。

after 2
after 2

デンマークから輸入したアイランドキッチンが映える美しいLDK(32.5帖)は将来お部屋に区切れるようプランニング、開放感がとっても心地よい空間です。

DATA

鉄骨鉄筋コンクリート造 (SRC)
築22年 (1992年8月竣工)
専有面積:106.06㎡ (32坪)
リビングバルコニー:18.09㎡ (5.5坪)
2LDK → 1LDK(将来2LDK)
工事期間:2.5ヶ月
施工時期:2014年4月竣工

NAVIGATION